なぜ20円のチョコでビルが建つのか?

東京都・上野に存在するアメヤ横丁、通称「アメ横」。ぎ
こちらに行ったことのある人なら誰もが一度は「二木のお菓子」を耳にしたことがあると思います。
壁一面がお菓子で彩られていて、ここはお菓子のテーマパークか!?と誰もが思うあの夢のような場所を創りあげられたのが著者である二木英一さんです。

「より多くの人に来てもらうには?」「より多くのリピーターをつくるには?」と誰もが気になる疑問を二木さんの実体験をもとに解決策が細かく記されており、その細かな努力があるからこそたくさんのお店が連なるアメ横の街で常に結果を出されてきたんだと感じました。

中小企業だからこそ、唯一性を持ってどれだけインパクトを与えるか?
それはこれから販促に携わる人や営業関係の仕事をする方など、さまざまな人に役に立つノウハウだと思います。

・何かしらで販促に関わる機会がある方
・マーケテイングに携わっている方
・コミュニケーションをとるうえで唯一性を出したい方

そんな皆さんのお役に立てる1冊なので、ぜひお手に取ってみてください。