センスは知識からはじまる

センスは知識から始まる_嶋村図書館

「あなたはセンスがある方ですか?」と問われたらなんと答えるでしょうか。
本書を読むまでだと、私は「とんでもない!センスなんて全然ありません。」と言っていると思います。

センスと聞いて私がイメージしたのは美術的に価値のある絵を描き上げることや、
大きな賞を取るような小説を書くこと、はたまたスポーツの世界で突出した成績を残すことのようにある分野で生まれ持った才能を発揮することだと捉えていました。

私と同じようにセンスは先天的にある程度決まっていて、自分にはそれが無いものだと思っている人が多いかもしれません。
本書ではセンスに対しての解釈が変わり、体系的に理解をすることができます。
ご自身の仕事やハマっている趣味にぜひ活かせるようアンテナを張って読んでみてください。

購入はコチラ

おすすめ