学びを結果に変えるアウトプット大全

精神科医、作家として活躍されている樺沢紫苑氏の著書『学びを結果に変えるアウトプット大全』。

タイトル通りアウトプットの重要性と、効果的なアウトプット方法を解説した書籍です。

精神科医としてのご自身の経験や研究をもとに、アウトプットが学びや成長を加速させるための最強のツールであると説いています。

本書では特に、アウトプットが学びに与える効果を脳科学の観点から解説しています。
脳は、情報を入力するだけでは記憶として定着しません。
情報をアウトプットすることで、脳が情報を整理し、記憶として定着させます。また理解も深まり、応用力が身につくといいます。

アウトプットの具体的な方法も紹介しており、大きく分けて「書き方」「話し方」「行動」の三つに分けて説明されています。

「書き方」のアウトプットには、メモ、ノート、日記、ブログ、SNS、論文などが挙げられます。
書き方によるアウトプットは、情報を整理し、理解を深めるのに効果的です。

「話し方」のアウトプットには、プレゼンテーション、スピーチ、会議、雑談などです。
話し方によるアウトプットは、情報を人に伝えるスキルを身につけるのに効果的です。

「行動」のアウトプットには、実践、体験、課題解決などがあります。
行動によるアウトプットは、知識を応用し、実践的に身につけるのに効果的です。

書かれているのはこれらの方法だけでなく、アウトプットを習慣化する方法についても紹介しています。

学びや成長を加速させたい人、インプットは多くてもアウトプットに苦戦している人、その効果的な方法を知りたい人におすすめの一冊です。

ご購入はこちら。

おすすめ