海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

百田直樹のベストセラー。

出光興産の創業者がモデルの本です。

戦後の日本を立て直し、高度経済成長期の日本を作った男達の物語は、非常に熱く心を打つものがあります。

終戦後誰一人として首を切ることなく会社を立て直した主人公の創業期の話がメインとなります。

「仕事」にすべてをかけて、困難を乗り越えていく姿は、自分の仕事に対する姿勢をも変えたくなります。

すべてのビジネスマンが読むべき一冊だと感じます。

ご購入はこちら(Amazon)