笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語

嶋村図書館_笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語

吉本興業の土台をつくり、あのダウンタウンを関西から全国へと躍進させた現在の社長である大崎洋さんの実体験を書かれたものです。
時に厳しい判断を下され世の中を騒がせることもありますが、それは社長として吉本興業を愛しているからであり、たくさんの社員を守っていくための決断だったと本書からは感じます。

ただ、今では会社のために尽力されている大崎さんですが、入社当初はどちらかというとやる気のない社員だったというのを聞くと、人生何が起こるかわからないものです。
仕事や人との出会いを通じて働くことのやりがいや自分の居場所を見つけ、自分がここで何を成し遂げるかを固めながら、成長と実績をつくられる過程を読んでいると、もしかしたら自分にも身近で何か成長できるきっかけはあるのかもしれないと僭越ながら期待を抱いてしまいました。

そんな本書は幅広い方に見ていただける内容だと思います。
・自分にもまだ何かチャンスはあるのではないか?と思っている方
・何か現状を打破してステップアップしたい方
・個人の成長していくストーリーが好きな方
・吉本興業の創成していく過程を見たい方
・お笑い芸人が好きな方

このご時世だからこそ、今の人生に更なるスパイスを加えるもよし、お笑いでクスリとするも良しだと感じます。
ぜひさまざまな方にみていただきたい1冊です。

ご購入はこちら(Amazon)

おすすめ